fixed_mail_icon

脊髄損傷脊髄損傷脊髄損傷|スマートクリニック東京【公式】|再生医学(サイトカイン治療・乳歯幹細胞培養上清液) 東京 市ヶ谷/四谷/麹町

TREATMENTS & COSTS

治療科目・治療費

当クリニックでは、
乳歯幹細胞培養上清液を用いた
”サイトカイン治療”で、
アンメットメディカルニーズ
(難治性疾患)に積極的に
取り組んでいます。
ここでは、現在当クリニックで
治療可能な
病気の種類と治療概要、治療費をご紹介します。

脊髄損傷

疾患説明

脊髄損傷とは、背骨を形作っている脊椎の中にある脊髄という長い筒状の構造をした神経の束に、強い衝撃が脊椎に加わり脱臼や骨折することで損傷が起こることを言います。高い場所からの転落や転倒、激突など外傷により起きることが多く、それらは交通事故やスポーツでのケガによるものが多くみられます。
頸椎の場合は、もともと脊柱管が狭くなっていたり、後縦靭帯骨化症などの基礎病気があり、転倒などの軽い衝撃により脊髄に損傷が生じることもあります。損傷が起こった部分の脊髄が影響する神経領域より下の部分に、麻痺や感覚障害が現れます。麻痺は損傷の程度により完全麻痺と不全麻痺に分類されます。前者は、脊髄の機能が完全に失われた状態で、動かせない、何も感じないという状態を指します。一方、後者は脊髄の機能の一部が残っている状態のこと。軽度な場合はある程度体を動かすことができます。

治療法・投与方法

サイトカイン治療(点鼻)
・点鼻によって脳神経に乳歯幹細胞培養上清液を届けます。その結果、損傷を受けた神経細胞を再生することが期待でき、症状の改善を見込める治療法*です。初診時は、医師により点鼻投与をし、その後1ヵ月分の点鼻薬も併せて処方。ご自身で毎日投与いただけます。
*Matsubara, K., et al. (2015). Secreted ectodomain of sialic acid-binding Ig-like lectin-9 and monocyte chemoattractant protein-1 promote recovery after rat spinal cord injury by altering macrophage polarity. J. Neurosci. 11 35, 2452–2464. doi:10.1523/JNEUROSCI.4088-14.2015

処置内容

問診・一般採血

治療期間

患者様の症状に合わせ、治療計画・期間をご提案します。

副作用リスクとして
考えられるもの

・各種アレルギー反応(掻痒感・発疹)
・過剰反応(頭痛・易刺激性)

参考料金

初診99,000円〜150,000円
※上記以外に、診察内容、結果により追加費用が掛かる場合がございます。
※自由診療