fixed_mail_icon

【医師監修】アルツハイマー型認知症治療の新薬「アデュカヌマブ」とは?値段や承認の可能性について|スマートクリニック東京【公式】|再生医学(サイトカイン治療・乳歯幹細胞培養上清液) 東京 市ヶ谷/四谷/麹町

COLUMN

コラム記事

【医師監修】アルツハイマー型認知症治療の新薬「アデュカヌマブ」とは?値段や承認の可能性について

認知症

2022.03.02

2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症患者になることが見込まれています。(注1)そのような中、認知症を治せる新薬の実現を望む多くの声が聞かれます。
現在、認知症治療薬として処方されている薬剤は症状を遅らせることが目的であり、根本的な治療を目指すための薬剤ではありません。

その一方で新薬「アデュカヌマブ」は、アルツハイマー型認知症の根本原因へのアプローチが可能だと言われています。アルツハイマー認知症は日本で最も多い認知症疾患であるため、アデュカヌマブに期待する方も多いのではないでしょうか。

本記事では、アルツハイマー型認知症の原因とアデュカヌマブの有効性や値段、承認に関する詳細について解説します。認知症の新薬について興味がある方は、ぜひご覧ください。

アルツハイマー型認知症の原因

 

アルツハイマー型認知症を発症する原因は、アミロイドβやタウといったタンパク質の脳内蓄積だとする仮説が有力です。

脳内に蓄積されたタンパク質が血流を阻害して、脳神経細胞へと酸素や栄養が供給されなくなります。

結果的に脳の萎縮が進行して、アルツハイマー型認知症になると言われているのです。

これまでにも、アルツハイマー認知症の根本原因であるタンパク質の蓄積にアプローチする薬剤は開発されました。

しかし、未だに決め手となる特効薬は開発されていません。

ところが最近では、エーザイが開発した「アデュカヌマブ」がアルツハイマー型認知症の根本原因にアプローチできる特効薬として期待されているのです。

 

認知症の新薬|エーザイ開発のアデュカヌマブ

 

これまでは、認知症の根本原因へと効果的にアプローチする薬剤は存在していなかったため、症状を遅らせることが薬物療法の基本方針でした。
一方でエーザイが開発した「アデュカヌマブ」は、脳に蓄積したアミロイドβやタウといったタンパク質を取り除けると言われています。
そのため、認知症の進行を止める新薬として期待されているのです。
ここでは、「アデュカヌマブ」の開発状況やメカニズム、治療費について解説します。

 

アデュカヌマブ|2021年の開発状況や承認の可能性(注2)

アデュカヌマブは、有効性の証明が難しいことを理由に、2019年に臨床試験が一旦は中止されました。

しかしその後、追加データを含めた再解析を実施し、2020年7月に承認申請。2021年6月7日にアメリカの食品医薬品局(FDA)の承認を受けました。

ただし、日本では未だ承認されておらず、2021年の年末を目途に承認についての結論が出る見通しです。すでに承認を受けたFDAからも、追加試験による効果の確認を求められてはいますが、認知症の特効薬として広く利用される日も来るのではないでしょうか。

アデュカヌマブは軽度認知症患者の特効薬として期待

臨床試験にてアデュカヌマブの有効性が確認されているのは、軽度認知障害と軽度アルツハイマー病です。(注3)アデュカヌマブは、すでにダメージを受けた神経細胞の回復は期待できないと言われています。

一方で、蓄積されたβアミロイドやタウといったタンパク質を取り除くことは可能です。そのため、神経細胞へのダメージが小さい軽度認知障害や軽度アルツハイマー病の患者への特効薬として期待されています。

以上から分かるのは、アデュカヌマブを有効活用するには、認知症を早期に発見することが重要だということです。

高額な治療費が課題(価格は年間610万円)(注4)

アデュカヌマブの大きな課題は、年間約610万円にも及ぶ高額な医療費です。アデュカヌマブの利用法は、4週間に1回、約1時間をかけて静脈に薬剤を点滴投与します。

つまり、4週間の点滴投与を1年間続けると610万円の治療費になるのです。さらに、アデュカヌマブの効果を発揮させるには、検査にてアミロイドβの蓄積を確認しなければなりません。その検査には1回で40~60万円ほど検査費用がかかります。

高額な治療費がネックとなり、アデュカヌマブが保険適用されるとしても、さまざまな制限を設けられる可能性があります。

認知症治療|ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液にも期待

 

再生医療の技術で精製されるヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液(以降、上清液)には、細胞再生に役立つ生理活性物質「サイトカイン」が豊富に含まれています。

サイトカインは脳内の幹細胞の働きを活性化できます。幹細胞とは、自己修復能とさまざまな細胞に分化する多分化能を持つ細胞だと考えられているのです。そのため、幹細胞が活性化されると、脳神経細胞の回復が期待できます。

上清液を利用したサイトカイン点鼻療法は、鼻から上清液を吸入するだけで済む手軽なアルツハイマー型認知症の治療法です。

鼻には「Nose-to-Brain」と呼ばれる鼻と脳をつなぐ経路があります。鼻の粘膜上の嗅神経や鼻の奥の呼吸粘膜上の三叉神経を介して、点鼻された物質が脳に到達するのです。

今後は、上清液を利用したサイトカイン点鼻療法も認知症治療の1つとして注目を浴びることでしょう。

アルツハイマー型認知症発症後、また予備軍の方々の症状改善治療はスマートクリニック東京へ

サイトカイン療法は、東京都千代田区にあるスマートクリニック東京にて受けられます。

アルツハイマー型認知症患者を対象にしたサイトカイン点鼻療法では、1ヶ月分の点鼻薬を処方いたします。そのため、自宅でも継続して、認知症治療を行っていただけるのが特徴。

さらに、診察から認知症検査まで、新薬に必要な治療費に比べると、安価に治療を受けられるのも魅力です。アルツハイマー型認知症による症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

アルツハイマー型認知症治療 特設ページはこちら

(参考)

注1:高齢化の状況|内閣府

注2:認知症新薬、国内承認の結論は年末か 「夢の薬か審査」|朝日新聞

注3:エーザイ、認知症新薬の投与対象「軽度」と明記|日本経済新聞

注4:エーザイ認知症新薬、日本承認に立ちはだかる「2つの壁」|DIAMOND online

カテゴリー

アーカイブ