fixed_mail_icon

【医師監修】コロナ後遺症に対する病院の治療法は?西洋医学や東洋医学、再生医療について解説|スマートクリニック東京【公式】|再生医学(サイトカイン治療・乳歯幹細胞培養上清液) 東京 市ヶ谷/四谷/麹町

COLUMN

コラム記事

【医師監修】コロナ後遺症に対する病院の治療法は?西洋医学や東洋医学、再生医療について解説

コロナ(COVID-19)関連

2021.12.22

病院では、さまざまな新型コロナウイルス後遺症に対する治療が試みられています。

新型コロナウイルスに感染すると、重症化する可能性があるため、感染後の治療法に興味や関心を持つ方も多いのではないでしょうか。

本記事では、西洋医学と東洋医学で行われる代表的なコロナ後遺症の治療法をご紹介します。

また、再生医療を応用したサイトカイン療法についてもお伝えしますので、どうぞ参考にしてください。

病院で行われるコロナ後遺症治療

上咽頭の位置

病院で行われるコロナ後遺症治療は主にEATで、上咽頭擦過治療やBスポット療法とも言われます。

EATは喉の奥にある上咽頭と言われる部分を擦る治療法で、耳鼻咽喉科の一部で実施中です。

ここでは、EATで改善が期待できる症状と施術方法についてお伝えします。

改善が期待できる症状

EATを受けると、倦怠感や発熱、嗅覚・味覚異常などのコロナ感染による症状を改善できると言われています。

とくに、煙臭いや焦げ臭いといった異臭がするような嗅覚異常への効果は高いようです。

新型コロナウイルスになると、鼻と喉の間にある上咽頭と言われる部分が炎症を起こしているため、そこを綿棒などで擦ることで症状の改善が期待できます。

また、自律神経の乱れによるめまいや不眠、記憶力・集中力の低下など、他にもさまざまな症状を改善できる可能性があります。

施術方法

上咽頭擦過治療の施術方法は、塩化亜鉛溶液をしみこませた綿棒を鼻もしくは口から入れ、上咽頭に強めに擦り付けて行います。

50~60年前から耳鼻科などで行われている治療で、安価で安全性が高いのが特徴です。シンプルな治療法なのですが、施術者の技量により、効果の現れ方が異なります。

東洋医学のコロナ後遺症治療

新型コロナ後遺症には漢方も有効だと言われています。

漢方は、血行を促進したり、内臓の不調を整えたりして、身体の状態を正常に近づける治療法です。

東洋医学の哲学や治療理論に基づき、個人の体質や症状を考慮して漢方薬が処方されます。

漢方の専門医が漢方薬を処方する場合は、患者の舌の状態や脈の状態を診て、その結果から効果的だと考えられる薬を選択します。

西洋医学も東洋医学も対症療法中心

一般の病院で行われる西洋医学や東洋医学による治療は、対処療法が中心です。

コロナ後遺症への対処療法とは、新型コロナウイルスの原因に対して治療が行われるのではなく、症状を軽減させるために行われる治療法です。

つらい症状を軽減させることは大切なのですが、それ以外にも根本的な原因にアプローチすることも重要でしょう。

次に対処療法ではない、新しいアプローチでコロナ後遺症治療を行う「スマートクリニック東京」をご紹介します。

スマートクリニック東京の治療法とは

スマートクリニック東京では、再生医療の技術で精製された乳歯歯髄幹細胞上清液を使ったサイトカイン療法でコロナ後遺症に対応します。

乳歯歯髄幹細胞上清液に含まれるサイトカインには、コロナ感染でダメージを受けた脳細胞を回復させる効果が期待できるのです。

アルツハイマー型認知症や脳梗塞・脳出血の後遺症にも効果的だとされる治療法で、脳の異常でもたらされるコロナ後遺症を改善へと導きます。

スマートクリニック東京が行うサイトカイン療法は、これまでとは異なる、最新のコロナ後遺症治療です。

コロナ後遺症でお困りの方は、ぜひお試しください。

コロナ後遺症のご相談はスマートクリニック東京へ

スマートクリニック東京は、新型コロナウイルス罹患後の後遺症や脳梗塞の後遺症、認知症の緩和などを中心にした治療を提供する医療機関です。

東京都千代田区にあり有楽町線麴町駅より徒歩4分、もしくはJR市ヶ谷駅や四ツ谷駅より徒歩5~6分の電車で通いやすい所にあります。

患者様の症状に合わせて、適切な治療計画をお伝えいたしますので、コロナ後遺症でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

当クリニックの新型コロナウイルス後遺症治療について

コロナ後遺症治療のお問い合わせフォーム

カテゴリー

アーカイブ