fixed_mail_icon

【専門家解説】最新の薄毛(AGA)治療について徹底解説|スマートクリニック東京【公式】|再生医学(サイトカイン治療・乳歯幹細胞培養上清液) 東京 市ヶ谷/四谷/麹町

COLUMN

コラム記事

【専門家解説】最新の薄毛(AGA)治療について徹底解説

AGA

2022.02.22

薄毛の最新治療には、どのようなものがあるのでしょう。

薄毛の最新治療といっても、すでに治療方法が確立して新技術とこれから実用化に向けて進んでいるものがあります。

そうしたAGA、薄毛の最新治療法についてお伝えいたします。

 

AGA、薄毛の最新治療

AGA専門クリニックなどで行われている薄毛の最新治療法をご紹介いたします。

①LED照射療法

 

LEDおよび低出力レーザー照射は、日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドライン2017年度版で、B評価を受けています。

LEDとはLight Emitting Diodeの略で、日本では「発光ダイオード」と呼ばれています

赤色LEDは、630nm(ナノメートル)と波長の長い光で頭皮の奥深くまで到達するため、発毛増殖因子の分泌を刺激し、血流が促進されます。波長が短い青色LEDは、発毛、育毛阻害因子の抑制ヒシノ分泌を押さえます。

 

投薬や注入、植毛などメインとなる治療効果を高めるのに行う補助的治療に用いられる、もしくは外用薬を使えない治療法として用いられています。

 

②ヘアフィラー、ヒト幹培細胞養上清液注入療法

頭皮に、数種類のペプチドを配合した毛髪用注入液を直接注入することで、頭皮の血液循環を促進して毛嚢を再活性化させます。

メソセラピーなどに使われる成長因子より純度の高い「ペプチド化合物」を薬液に使うのが特徴です。クリニックによっては専用の注入マシンを用意しており、さらに痛みの少ない治療が受けられます。

ヘアフィラーでは、主としてペプチドの注入を行いますが、幹細胞培養上清液を注入する治療法として「LHDV頭皮注入療法」があります。

こちらは、乳歯幹細胞由来の300種類以上の成長因子を配合したカクテルを頭皮に注入することで、バルジ領域という部分にある毛包幹細胞を活性化し、発毛の促進を行うことができます。

当院では、成長因子の多い幹細胞である”毛根由来”と”歯髄由来”の上清液による幹細胞培養上清液を注入する治療法を行っています

 

スマートクリニックでは国内提携のラボで製造されたサイトカイン値が基準を満たしたヒト幹細胞培養上清液のみを使用しております。

エレクトロポレーションメソガンといった機器を使用し、頭皮へ乳歯髄由来・毛根由来のヒト幹細胞培養上清液の原液を浸透させ、乱れた毛周期を正常化に近づけます。

歯髄由来ヒト幹細胞培養上清液

毛乳頭由来ヒト幹細胞培養上清液

 

③PRP療法

PRP (Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)毛髪再生医療とは、自身の血液から高濃度の血小板を含む成分を取り出して生成し、頭皮に特殊な注射器で注入する育毛治療です。

血小板に含まれる様々な種類の成長因子(サイトカイン)が頭皮部分の組織を再生し、発毛不全の毛根に対して働きかけて育毛を促進させる治療で、歯科や整形外科領域などにも取り入れられています。

 

PRP画像

Platelet-rich plasma. PRP Hair Therapy. Medical procedure. Process by which a hair restoration surgeon takes a patient’s blood, removes the erytrocytes and plasma, then injects PRP just under the scalp where hair growth is desired.

 

実用化を進める再生医療

現在、毛髪の再生医療の研究は着々と進められています。

日本を代表する自然科学の研究機関「理化学研究所」が、毛髪を生み出す器官「毛包」のもととなる幹細胞が作られる仕組みを解明した2021年6月英科学誌『ネイチャー』電子版に発表をしました。

 

マウスでは、実験容器内で毛を生み出す根元の器官「毛包」のもとを再生し、増やして移植する技術を既に開発しており、男性型脱毛症に応用するため、臨床研究の実施を目指しているそうです。

将来的には、毛髪の再生といった応用につながる可能性もある研究として世界中から実用化が待たれています。

 

当院では、無料のカウンセリングを行っております。

お気軽にご相談ください。

記事監修

藤原 将樹
藤原 将樹
看護師・毛髪診断士
【略歴】
看護学校卒業後、東京女子医大付属八千代センター病院、
東京女子医科大学病院のPICU、小児科、内科/外科病棟で勤務し、看護業務を行う。

カテゴリー

アーカイブ