fixed_mail_icon

【専門家が解説】AGAの抜け毛の特徴とは?見分け方・特徴を徹底解説|スマートクリニック東京【公式】|再生医学(サイトカイン治療・乳歯幹細胞培養上清液) 東京 市ヶ谷/四谷/麹町

COLUMN

コラム記事

【専門家が解説】AGAの抜け毛の特徴とは?見分け方・特徴を徹底解説

AGA

2022.02.16

AGA(男性型脱毛症)によって、髪の毛は成長する前に抜け毛となってしまいます。

そして、AGAによる抜け毛が増えていくと地肌が目立つようになります。

抜け毛や薄毛で悩んでいる人のほとんどがAGAと言われていますが、AGAによる抜け毛にはいくつもの特徴があります。

こちらでは、AGAの抜け毛の特徴について、お伝えいたします。

AGAによる抜け毛とは

AGA(男性型脱毛症)は、思春期を過ぎた男性であれば起きる進行性の脱毛症で、額の生え際や頭頂部の髪の毛が、どちらか一方もしくは両方が薄くなっていきます。

主な原因は、遺伝や男性ホルモンの影響と考えられています。

男性ホルモンの一つにテストステロンが頭皮にある「5αリダクターゼ」という酵素を結び付いてジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されます。

このDHTが髪の毛の発育を阻害してしまう元凶となり、毛乳頭や毛母細胞にヘアサイクルを乱すよう指示を出します。

その結果、髪の毛が太く長く成長せずに短く細い状態になり、毛が抜け落ちてしまいます。

毛根

AGAによる抜け毛は、髪の毛のコシがなくなり、柔らかくなるところから始まります。

髪にハリがなく、トップのボリュームが出ずらく、スタイリングが決まらないようになったら注意が必要です。

次の段階としては、洗髪時に髪が大量に抜けたり、起床後の枕の上に何本もある抜け毛に気がつくようになります。

AGAを疑う抜け毛の本数

髪の毛は健康な人でも一日に50〜100本ほどが自然に抜け落ちます。季節によっては、1日に150本や200本になることもあります。

AGAを発症すると髪の成長期が短縮されることで、弱々しく細い髪の毛が多くなり、成長する前に抜け毛となってしまいます。

1日の中で、もっとも抜け毛の本数が多いタイミングが、洗髪時です。
シャンプー時の抜け毛は、1日の50~70%といわれています。

排水口に網などを設置して、抜け毛を数えてみて、そこから1日の総量を計算してみるとおおよその1日の抜け毛の本数がわかるでしょう。

ヘアサイクル

AGAは髪の抜ける部位が限定的

AGAでは、髪が抜ける部位が限定されています。

髪が抜けて薄くなるのは、主に前頭部・髪の生え際・頭頂部です。

AGAの特徴として、側頭部や後頭部の髪は抜けません。後頭部や側頭部の毛根部にはアンドロゲンレセプターがないからです。

男性ホルモン

AGAの脱毛パターンは「M字型」「O字型」「U字型」の3つに分類できます。

U字型は、前頭部から抜け毛が始まり、薄毛の範囲が次第に後ろに広がっていくパターンです。

M字型は、生え際の両サイドが後退していくパターンです。

O字型は、頭頂部の周りから薄毛が少しずつ広がっていくパターンです。

はげの進行パターン

AGAは抜け毛の状態に特徴がある

AGAは、抜け毛の「状態」にも特徴があります。

・毛先が細い
・うぶ毛が多い
・短い毛が多い

このような状態の抜け毛が見られる場合は、本来成長途中の髪の毛が、抜けていることが考えられます。

AGAを発症した場合、何らかの治療を施さない限り薄毛が進行し続けてしまいます。

当クリニックでは、無料のカウンセリングを行っております。

お気軽にご利用下さい。

記事監修

藤原 将樹
藤原 将樹
看護師・毛髪診断士
【略歴】
看護学校卒業後、東京女子医大付属八千代センター病院、
東京女子医科大学病院のPICU、小児科、内科/外科病棟で勤務し、看護業務を行う。

カテゴリー

アーカイブ